生殖器の病気 of りょうま動物病院

生殖器の病気

子宮蓄膿症・子宮腫瘍

【症状】
陰部から白い膿の排出が認められたり、腹部膨満などの状態が認められ、元気・食欲の減退・消失が認められる。

【診断】
レントゲン検査や超音波検査により拡大した子宮を確認する。
【治療】
ごく初期の子宮蓄膿症では、抗生剤の投与により状態の改善が認められることもありますが、多くの場合、手術による子宮摘出が必要となります。腫瘍が疑われる場合には手術が第一の選択肢となります。


ページトップへ