甲羅の感染 of りょうま動物病院

甲羅の感染

水棲のカメによくみられるが、不衛生な飼育環境下のハコガメやリクガメにもみられることがある。甲羅に限局している場合は一般状態に問題は少ないが、進行すると敗血症を起こし致死的となることもある。

原因
細菌や真菌の感染が直接の原因であるが、誘発する要因として、環境温度の低下やストレス、栄養不良による免疫力の低下や不衛生な飼育環境があげられる。

治療
治療に先立ち、衛生的な環境に努めることが重要である。すなわち、水棲ガメでは底砂(水槽の底に敷いた砂や砂利はバクテリアの温床となりやすい)を除去、毎日の換水や適切な濾過装置の使用を検討する。また、陸棲ガメでは掃除の簡単な床材、たとえば新聞紙への変更を検討する。
局所的治療
希ヨード液の塗布もしくは薬浴、抗生物質軟膏の塗布を行う。また、水棲ガメでは消毒の後すぐに水中に戻さず患部を乾燥させるのも効果的である。
全身的な抗生物質の投与
広範囲にわたるものや深層性のものでは敗血症を起こすことがあるため感受性試験に基づく抗生物質の投与が推奨される。

ページトップへ