中耳炎 of りょうま動物病院

中耳炎

水棲ガメやハコガメに好発する傾向がある。

原因
細菌感染が一般的な原因であり、口腔内に開口する耳管が感染経路と考えられている。

症状
鼓膜の片側性もしくは両側性の隆起。
食欲不振を伴うことがある。

治療
鼓膜の腹側半分を半円形に切開後、耳管のデブリを掻爬、洗浄し、その後抗生物質の軟膏を充填する。これらの処置は通常全身麻酔下で行われる。
切開部は開放し、可能であれば毎日洗浄する。
抗生物質の全身投与が必要な場合もある。

ページトップへ