チアミン欠乏症 of りょうま動物病院

チアミン欠乏症

原因
チアミナーゼ(チアミン分解酵素)を含む食事の与えすぎ。
チアミナーゼは冷凍した魚や貝に多く含まれるため、通常魚食性の強い種(ヌマガメを含む水棲ガメ等)で起こりやすい。

症状
食欲不振が最初の兆候であり、進行に伴い体位、行動の変化や筋肉の振戦、時に失明等を起こす。

予防
食事の改善が必要であり、冷凍魚ではなく生きた魚もしくは鮮度の良い魚を与える。また、質の良い水棲ガメ用のペレットに餌付かせる。

治療
チアミンの経口もしくは注射投与を症状の改善を認めるまで行う。

ページトップへ