不正咬合 of りょうま動物病院

不正咬合

ハムスターの病気のなかで多いのが、不正咬合です。
ハムスターの切歯は一生伸び続けるため、うまく歯が削れるように適切な食事を与えたり、環境を整えたりしないといけません。

【原因】
ケージなどを噛んだりして歯根部や歯の形が変形したり、カルシウムが不足したりすることで起こります。歯肉炎などによって、噛み合わせが悪くなることでも起きます。

【症状】
急に食餌をしなくなったり、口の中に歯が刺さって出血することもあります。

【治療】
口の中に傷ができて出血することも多いので、口の中を検査して、傷ついた場所は抗生物質や消炎剤などで治療します。伸びてしまったり変形してしまった歯は、切って、口の中を傷つけないようにします。噛みあわせの悪さは完全に治ることは少ないので、時々、口の中をチェックするように心がけましょう。また、硬い食餌を食べられなくなることもあるので、その場合には、ペレットをふやかすなどして軟らかい食餌を与えるようにしましょう。

ページトップへ