下痢 of りょうま動物病院

下痢

下痢の原因は、寄生虫、細菌、真菌(カビ)、 食餌の内容などさまざまです。
たかが下痢といっても、ハムスターの場合は、下痢が2~3日続くだけでも命にかかわるこ ともあるので注意が必要です。

<ウエットテイル(増殖性回腸炎)>

【原因】
ほとんどの場合、キャンピロバクターや大腸菌などの細菌が原因で起こります。食餌の内容による腸内細菌のバランスの崩れや、ストレスも原因になると言われています。

【症状】
水溶性の下痢をします。下痢のため、急激に脱水状態になり衰弱してきます。お腹が痛むため、背中を丸めた姿勢をとることもあります。

【治療】
抗生物質と下痢止めを投与します。食餌が原因で下痢をしている場合は、ビタミン剤などを投与して腸内の細菌のバランスを整えます。
3~4日、下痢が続くと死に至ることもあるので、下痢をしているのを見つけたら、できるだけ早く動物病院に連れていってください。

<消化管内寄生虫>

【原因】
条虫、ぎょう虫、ジアルジアなどの寄生虫によって起こります。母親から感染することもあります。

【症状】
便が軟便になったり、下痢をすることが特徴です。下痢が続くと体重が減少し脱水状態になります。

【治療】
糞便検査をして、原因の寄生虫を確定し、その寄生虫にいちばん有効な駆虫薬を投与します。寄生虫に感染したハムスターの糞がついているケージやケージの中にあったものは消毒しましょう。また定期的に糞便検査をするようにしましょう。


ページトップへ