眼の病気 of りょうま動物病院

眼の病気


目の病気はハムスターに起きやすい病気のひとつです。

<結膜炎>

【原因】
細菌が目の中に入って起こります。ハムスターは毛づくろいをします。この、毛づくろいをする時に、手に細菌などがついていると、その手の細菌が目の中に入って起こる場合があります。

【症状】
結膜炎になると、目が腫れたり赤くなったりし、気になるせいか、目をこすることが多くなります。

【治療】
抗生物質や炎症を止める薬が入った目薬を点眼します。

<角膜炎>

【原因】
眼球の一番外側にある角膜に傷がついて起こります。ハムスター同士で喧嘩をしたり、ケージなどに目をぶつけて傷がついたり、床材が目に入ってしまったりするケースなどがあります。

【症状】
角膜が白っぽくなって炎症を起こします。目が気になるのでしきりに目をこすります。こすることで、結膜炎を併発することもあります。

【治療】
角膜についている傷を確認したうえ、抗生物質の点眼や角膜を保護する役割の目薬を与えます。

<マイボ-ム腺腫>

【原因】
眼瞼(まぶた)の内側にあるマイボーム腺が詰まったり、腫瘍ができて分泌物がたまったりして起こる目の病気です。

【症状】
目やにが多く出たり、目を気にして頻繁にこすったりします。

【治療】
手術をして、マイボーム腺の詰まりを取ったり、原因となっている腫瘍を取り除きます。取り除いた後に、抗生物質と消炎剤を点眼します。
体質によって再発することもあるので、治っても、時々チェックするようにしましょう


ページトップへ