腫瘍 of りょうま動物病院

腫瘍

腫瘍

【症状】
腫瘍のできるところはさまざまですが、見たり触ったりして外から見つけられる腫瘍で多いのは、お腹、腕のつけ根、背中、耳の腫瘍です。
体の内側では、頬や、口の中、お腹の中などにできることがあります。

【治療】
良性か悪性かは、バイオプシー(生検)診断で確定できることがあります。
良性の場合は、そのまま時間を追って観察することも多いです。悪性の場合は、手術をして取り除くのが最善の方法です。ただし、手術をする時に麻酔をかけなければなりません。特に高齢のハムスターの場合は麻酔によるリスクが高いので、腫瘍の進行度合いを見ながら治療をすすめます。場合によっては、抗がん剤などを投与して内科的治療を進めることもあります。

ページトップへ