糖尿病 of りょうま動物病院

糖尿病

膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの量が不足する病気です。

インスリンは血液中のブドウ糖を細胞内に取り込んだり、体内で脂肪やたんぱく質を合成する働きをもつホルモンです。細胞内に取り込めなかった糖分が尿に含まれ排出されるようになるため、糖尿病と呼ばれます。

発症は肥満した猫に多く、また去勢した雄猫に発症しやすいとの報告もある。好発年齢は7~10歳。遺伝的な要因やストレス、感染などが原因になることもあります。

【症状】

 元気消失、多飲多尿、体重減少、嘔吐、脱水などが見られる。犬で初期の段階では食欲が亢進することがあるが、猫ではないことも多い。
また、犬のように白内障になることも少ない。高血糖の状態が続くと、様々な代謝異常などが起こり、昏睡に陥ったり、命にかかわる場合もある。膀胱炎や腎不全、肝不全などを合併することが多い。

【治療】

 血糖値を測定し、その量に応じた治療を行います。軽症の場合は、食餌療法を行います。繊維質が多い低カロリーの食餌を与えましょう。動物病院の処方食を与えるのもよい方法です。重症の場合はインスリンの注射をします。
一番の予防は、肥満を防ぐこと。適度な運動と食餌量を心がけましょう。

ページトップへ