フィラリア症 of りょうま動物病院

フィラリア症

【原因】
 フィラリア(犬糸状虫)は、蚊によって感染します。フィラリアに感染している犬などから、蚊が血液を吸う時に、血液と一緒にフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が蚊の体内に入ります。その後、フィラリアの幼虫は蚊の体内で成長し、感染力の強い感染子虫となります。そして、感染子虫を体内に持った蚊が、別の犬やフェレットを刺して血液を吸う時に、感染子虫が犬やフェレットの体内に入ってしまいます。犬やフェレットの体内に入った感染子虫は、成長しながら体内を回り、肺や心臓にたどり着きます。成虫の長さは、犬では長いものだと1m近くにもなることもあり、多くの成虫が寄生していても症状がでないこともありますが、フェレットの場合は、成虫が1、2匹いるだけでも死に至ることもあります。

【症状】
 全身に症状が現れます。呼吸が苦しそうになったり、脱水状態になったり、粘膜の部分が白くな
ったりもします。レントゲンを撮ると心臓の拡大が見られたり、胸水や腹水が認められることもあります。食欲もなくなり体重が減り、激しく咳をするようになります。

【治療】
 治療としては、まず胸水の貯留などで呼吸困難の症状が出ている場合は、胸水を抜いたり、利尿薬を使ったりして、呼吸を楽にするなど、対症療法を行います。寄生している糸状虫に対しては、駆虫薬を投薬したり、場合によっては外科的に取り出す場合もあります。

【予防】
 フィラリア症は予防が第一です。屋外で飼うより室内で飼ったほうが蚊にさされる危険が少なく
なりますが、室内で飼っていても絶対に蚊に刺されないという保障はありません。犬に比べれば感染する可能性は低いですが、仮に感染してしまった場合は、犬よりも致死的な症状を現すことが多いので、予防が重要になります。


ページトップへ