ジステンパー of りょうま動物病院

ジステンパー

【原因】
 パラミクソウイルスの感染によって起こります。伝播は眼脂、鼻汁などの分泌物の飛沫による空気感染、糞や尿などの直接感染で、これには感染した個体に接触した衣服や靴を介しても移ることがあります。

【症状】
 潜伏期間は約1週間で、食欲がなくなり元気がなくなってきます。目やにが出たり、発熱したり、鼻水が出てきます。また、皮膚に水泡ができたり、紅くなって湿疹が出てきたりして痒がります。肉球が、ハードパットと呼ばれる、硬くなって乾いた状態になるのが特徴です。呼吸器にも症状が見られ、気管支炎や肺炎になり、神経症状も現れて、痙攣、昏睡状態になってやがては死亡します。

【治療】
 発病した場合には、残念ながら有効な治療法はなく、脱水状態や細菌感染を予防する対症療法を施し、体力が低下しないようにするしかありません。

【予防】
 予防としては、予防接種がありますが、残念ながら現在日本には、フェレット用のジステンパーワクチンはありません。犬用のワクチンの中でフェレットに適したものを接種します。体調のよい時を選んで、ワクチン接種を受けるようにしてください。

ページトップへ