インスリノーマ of りょうま動物病院

インスリノーマ

インスリノーマとは、膵臓に腫瘍ができて低血糖の状態になる、命にかかわる病気です。中高齢のフェレットに起こりやすいと言われています。

【原因】
 膵臓のβ細胞に腫瘍ができるのが原因で起こる病気です。膵臓のβ細胞は、インスリンという血糖値を下げる働きをするホルモンを分泌します。そのホルモンがバランスよく分泌されることで、体内の血糖値がコントロールされて正常な状態を保っています。しかし、腫瘍ができるとインスリンが多量に分泌されることにより、血糖値が下がって低血糖の状態となります。

【症状】
 初期の段階では、低血糖の状態になると、なんとなくボォーツとしたりすることがありますが、食餌などをして血糖が上がると普通の状態に戻ります。中程度の段階になると、全身が弱った状態となり、後ろ足でしっかり立てずにふらついたりするようになります。全身の筋肉が萎縮したような状態になることもあります。重症になると目が見えなくなったり、痙攣や昏睡状態に陥るようにもなります。

【治療】
 内科的に治療する方法と、外科的に手術をして腫瘍を取り除く方法があります。内科的な治療としては、ステロイド剤を与えて血糖値を上げるようにします。ただし、処置は一時的なものになることが多く、長期的に管理することは困難です。また、平行して食事療法も行います。高タンパク質のフードを頻繁に与えます。はちみつは単糖類で血糖値を急激に上げるが、その刺激でインスリンが分泌され、リバウンドで急激な低血糖が起こることがあるため、虚脱などの症状が出たとき以外はできるだけ使わない方がよいでしょう。

外科的方法としては、膵臓にできた腫瘍を切除しますが、術式も困難で、改善も一時的にしか得られず、長期的な管理は困難です。

ページトップへ