尿石症 of りょうま動物病院

尿石症

尿石症.jpg


【原因】
 うさぎの尿石症には、膀胱結石や尿道結石のほか、腎結石や尿管結石も比較的よくみられます。うさぎの尿石の大半はカルシウム結石です。これは、うさぎの場合摂取されたカルシウムのうち、余分なものはほとんどが尿中に排泄されるためです。食事中のカルシウム量が多かったり、膀胱炎などがあると発生しやすくなります。

【症状】
 結石ができる場所によって症状はさまざまです。血尿や痛みによってうずくまって動かなくなったり、歯ぎしりをすることもあります。膀胱結石が膀胱の出口を閉塞してしまった場合や、尿道結石の場合は、排尿困難に陥り、食欲が落ち元気もなくなり、重症になると腎不全を起こし、命にかかわることもあります。

【治療・予防】
 X線検査や、超音波検査、尿検査、触診で結石と結石のある場所を確認して治療します。手術可能な位置にある結石は手術により摘出することが第一選択の治療になります。小さいものであれば、自然に排出される可能性もないわけではないですが、途中で尿道に閉塞起こしてしまうこともあります。また、大きな結石でも、骨盤腔内に結石が入り込んでしまうと摘出が困難になり、排尿困難や著しい痛みなどにより命に関わることがあるため、早めに摘出した方が良いでしょう。

予防・再発防止としては、一番に食事管理があげられます。食事中のカルシウム含量を制限すことが必要です。乾草であれば、アルファルファなどはカルシウム含量が多いので、チモシーどのイネ科のものにしましょう。また、ペレットフードもカルシウム含量が少ないものを選びます。処方食として、カルシウム含量を抑えたペレットフードなどが動物病院などで購入できます。


ページトップへ