熱中症 of りょうま動物病院

熱中症

熱中症の原因
気温や湿度が高く、換気していない場所で、長時間過ごすことが原因です。
直腸温が40℃以上になると危険です(平熱は38℃)。
とくに、エアコンを入れずに閉めきった乗り物の中にいたり、夏場の太陽が出ている間にアスファルトの道を散歩したりすると、体温が急に上がりやすいです。
最近は、トリミングで使うドライヤーの熱が原因になることもあるようです。

熱中症を起こしやすい犬
何らかの病気を抱えている(とくに心臓や呼吸器の病気)。
肥満、短頭種、大型犬(体内に熱がこもりやすい)、幼齢または老齢。
※これらはあくまで傾向です。上記の条件にあてはまらない犬に起こることもあります。

症状
ずっと口を開けていて呼吸がはやくなる、舌が真っ赤になる、けいれん、意識を失うなど。
救急治療を行わないと、短時間のうちに死亡する場合もあります。

検査の方法
問診、体温測定、身体検査など。必要に応じて、血液検査、尿検査、X 線検査など。

治療の方法
その場ですぐに犬を涼しくて風通しのよい場所に運び、水道水などで体を濡らし、うちわなどであおぎます。
また、水を入れたビニール袋や水で濡らしたタオルなどを、首の左右・わきの下・後ろ足のつけ根にあてると効率的に体温を下げることができます。
犬の体を冷やすときに、氷や氷水は使用しないでください。かえって体に熱がこもり、逆効果になることがあります。
病院に運ばれたら、同様に体温を下げる処置をしながら、点滴をし、必要に応じて薬を投与します。

飼い主さんができるケアと、今後予想されること
熱中症に気づいた時点で、体温を下げる処置をすれば、助かる確率は非常に高くなります。
犬は、体中が毛でおおわれていて、汗腺もあまりないため、人間よりも暑さに弱いです。
高温多湿や換気不良に注意する必要があります。
熱中症を起こしやすい犬は、とくに注意が必要です。

ページトップへ