乳腺腫瘍 of りょうま動物病院

乳腺腫瘍


犬には通常、左右5 個ずつ、合計10 個の乳腺があります。
そのそれぞれに、腫瘍ができる可能性があります。
犬の乳腺腫瘍は、約50%が良性、約50%が悪性といわれています。
腫瘍の原因は、1 個の細胞に起こった遺伝子(DNA)の異常です。それが原因で、その細胞が無秩序に細胞分裂をくりかえし、増えつづけて体をむしばんでしまいます。

乳腺腫瘍ができやすい犬
・老齢の、雌犬
・最初または2 回目の発情がおとずれる前に不妊(避妊)手術をしなかった犬
※これらはあくまで傾向です。上記の条件にあてはまらないワンちゃんがかかることもあります。

症状
胸からおなかにかけて、皮膚の下にしこりができます。1 個だけでなく、いくつもできていることもあります。

検査
問診し、身体検査、しこりの細胞診など。
このほかに、転移がないかどうかX 線検査をしたり、外科手術のための全身麻酔ができるかどうか血液検査で調べたり、良性か悪性か調べるために手術で取り除いたしこりの病理組織検査 を行います。

治療
できるだけ早期に、外科手術で腫瘍を取り除きます。片側、またはすべての乳腺をすべて取り除く方法が、今後の乳腺腫瘍の予防も考えたときに最も有効であるとされています。
また、乳腺のまわりにあるリンパ節を取り除く場合もあります。

ページトップへ