緑内障 of りょうま動物病院

緑内障

白内障.png

【原因】

緑内障は、眼圧を一定に保つ房水(ぼうすい)という液体が眼球内に過剰にたまり、眼圧異常(高眼圧)が起こって視神経が圧迫されることで発症します。なお、緑内障にはブドウ膜炎といったほかの眼の病気が原因で起こる続発性緑内障と、ほかの病気をともなわない原発性緑内障があります。

【症状】

緑内障にかかると、眼に強い充血が見られ、眼(角膜)が白く濁り、眼の痛みと同時に瞳孔が開いたままの状態になります。また、眼の色が赤や緑に見えることもあります。症状がひどくなれば、眼球が飛び出したような状態になり、視力が低下して失明するおそれもあります。犬種ではシーズー、マルチーズ、アメリカン・コッカー・スパニエル、ビーグル、柴犬などに多く見られます。

【治療】

症状が軽度の場合には、過剰になっている房水の産生を抑制したり、排泄を促進したりする目薬などで内科的治療をおこないます。より症状が重い場合には、手術などで房水の排泄路を作ったり、レーザーで房水を産生する毛様体を破壊したりします。ただし、気付いた時には症状が進行していることも多く、すでに失明していることもあります。それだけに早期発見・早期治療が重要です。愛犬の眼に異変を感じた場合は、なるべく早く病院にお連れ下さい。


ページトップへ