歯周病 of りょうま動物病院

歯周病

歯周病.png


食生活の変化や高齢化により、歯周病が増えています。歯周病とは、歯の周辺にある歯肉に炎症が起きる病気です。

【原因】
歯垢がたまって発生します。歯垢には、たくさんの細菌があって、この細菌が歯肉を刺激して炎症をひき起こします。

歯垢は、最初は柔らかいのですが、時間がたつと固い歯石になって歯と歯肉の間に、すきま(ポケット)をつくり、そこに細菌が住みつき増殖します。ここに膿がたまると歯槽膿漏になります。
炎症がひどくなると歯肉が縮み、歯自体を支えている歯槽骨が薄くなって、歯がぐらぐらするようになり最後には抜けてしまいます。

【症状】
初めは、歯肉が腫れてきたり出血したりしますが、初期の段階ではみつけにくく、「口臭が強い」「歯が縦長になった」「歯の色が茶色になった」など明らかな変化に気づいた時には重症になっている場合がほとんどです。
歯の病気と思って軽く考えると細菌が全身に回ってほかの病気をひき起こすこともあります。

【治療・予防】
初期の段階では、歯垢や歯石を取り除いて清潔にしておけば自然に回復します。
膿などがある場合は、それを取り除いて抗生物質を与えます。

歯周病はむし歯と同じで、日ごろのチェックと予防が肝心です。歯磨きが有効ですが、成犬になってから急にやろうと思っても犬が受け入れてくれないことが多いので、子犬の時期から慣らしていくことが重要です。


ページトップへ