結膜炎 of りょうま動物病院

結膜炎

結膜は、まぶたの裏側にある膜。この部分に炎症が起きるのが結膜炎です。犬の目の病気で一番起きやすい病気です。

【原因】
結膜炎は、目に毛やごみが入ってこすったりした刺激、細菌やウイルス感染、シャンプーなどの化学薬品による刺激、アレルギーなどでひき起こされます。ウイルスの感染やアレルギーが原因の場合には、症状が両目に出ることが多いです。
また、目が大きく眼球が飛び出ている犬種(チワワ、パグ、シーズーなど)はかかりやすいので、日ごろからよく観察しましょう。

【症状】
急性の場合は、目が充血してまぶしそうに目をしょぼしょぼします。目やにや涙が増え、目やにが膿のようになって、目の周囲の毛が濡れたり汚れたりします。痒みがあるので、目をこすったりひっかいたりするのも特徴です。重症になるとまぶたが腫れてきます。

【治療】
原因によって多少治療が変わることもありますが、基本は目の洗浄と目薬による治療になります。
毛やごみがある場合はそれを取り除きます。細菌やウイルスの感染が原因の場合は、抗生物質の目薬で治療をします。シャンプーなど化学薬品が原因ならまず、目の洗浄が必要です。アレルギーが疑われる場合にはステロイドの目薬などで症状を抑えることもあります。

痒みのために目をこすりすぎる場合は、エリザベスカラーをつけて、こすったりかいたりすることを防止することで、症状の悪化と角膜炎などの発生を予防します。



ページトップへ