僧房弁閉鎖不全症 of りょうま動物病院

僧房弁閉鎖不全症

MR.png

心臓の左心房と左心室の間にあるのが僧帽弁という弁です。この弁が完全に閉じなくなってしまうのが、この病気です。
弁が閉じないと血液が逆流するため、その分本来よりも全身に流れていく血液量が減ります。そうするとその血液量の減少を補おうと、心臓は心拍数を上げて、回数で稼ごうとします。そうすると、ますます逆流量が増えるという悪循環に陥っていき、しまいにはうっ血性の心不全となっていきます。

【原因】
僧帽弁は、糸のような細い腱で開閉しますが、この腱や腱を支持する乳頭筋の異常によって僧帽弁が閉じられなくなって起こります。また、この腱が断裂してしまうことによっても起こります。
僧帽弁が老化により、厚くなって起こる例も多く、高齢な犬ほど発病しやすいのも特徴です。

【症状】
興奮するとせきが出ます。しばらくするとせきの間隔が短くなり、ひどくなると呼吸困難になる場合もあります。心音を聞くと、血液の逆流の音である心雑音が聞こえます。X線検査や心電図で調べると、左心房・左心室の肥大が認められます。

【治療】
根本的に治すのは難しいですが、強心薬や、利尿剤、血管拡張剤など内科的治療を行い症状を緩和します。血管拡張薬で血管を広げ、体の中の余計な水分を出すために利尿剤などを投与するのが一般的です。
状態によっては手術によってかなり改善できる場合もありますが、まだ一般的な方法ではありません。犬を興奮させないようにし、散歩は控えめにしましょう。



ページトップへ