軟口蓋過長症 of りょうま動物病院

軟口蓋過長症

パグ、シー・ズー、ペキニーズ、ブルドッグなどの頭の短い短頭種に多くみられる病気です。
軟口蓋とは喉の奥のほうにある食道と気管をふさぐための柔らかい蓋です。食事をする時は気管を、呼吸をするときは食道をふさぎます。この蓋が、長いことを軟口蓋過長症と言います。

【原因】

頭の短い犬は、口の奥にある軟口蓋が先天的に長く、喉の入口付近に垂れ下がっているため、空気の通る道が狭くなって呼吸しにくくなったり、ふさがれる面積によっては呼吸困難が起きることがあります。これらの犬種の飼い主さんは、呼吸の状態を注意するように心がけましょう。
後天的には鼻孔(鼻の穴)が狭くなっていると、呼吸するときの陰圧で軟口蓋が引っ張られ、それが繰り返されることにより長くなることもあります。さらに悪化すると、気管にも影響を与え、気管虚脱となることもあります。これらの状態を総合して、短頭種症候群と呼ぶこともあります。


【症状】

食餌の後や水を飲んだ後に、もどしてしまったり、呼吸の時にゼーゼーとした大きな音がすることもあります。いびきをかくことも多く、呼吸困難を起こすこともあります。

【治療】

症状にもよりますが、症状が重い場合は、内科的な治療ができないので、垂れ下がっている部分を手術で切除します。

ページトップへ