犬回虫症 of りょうま動物病院

犬回虫症

多くの犬に寄生しているのが、回虫です。寄生している数が増えると食欲不振や嘔吐、下痢をするようになります。


【原因】

犬に寄生する回虫は、2種類あります。ひとつが「犬回虫」、もうひとつが、「犬小回虫」です。
どちらも犬の糞便の中に排泄された卵が、さまざまな感染経路で、口から入って感染します。
犬回虫は胎盤感染(胎児のときに胎盤を介して感染)し、子犬に重篤な症状を現すこともあります。

【症状】

イヌ回虫が大量に寄生すると、食欲不振や粘り気のある便をしたりします。
大量に寄生した場合栄養分を回虫に取られてしまうので、貧血になることもあります。ごくまれに、犬回虫が大量に固まって腸につまり、腸閉塞になることもあります。回虫自体を吐くこともあります。
子犬が感染した場合は、気管内を移行することが多く、大量の寄生虫が移動する時には、息ができにくくなったり、咳き込んだりすることもあります。


【治療】

駆虫薬で治療します。一回だけの駆虫薬の投与では落としきれないことも多いので、完全になくなるまで、繰り返しの投薬が必要になることもあります。

ページトップへ