椎間板ヘルニア of りょうま動物病院

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア.png
背骨は、椎骨というたくさんの骨がつながってできています。
この椎骨と椎骨の間には、「椎間板」と呼ばれる薄い軟骨がはさまれていて、背骨をスムーズに曲げる働きをしています。

この椎間板の真ん中に、クッションのような弾力のある線維輪で包まれた、柔らかな「髄核」と呼ばれる部分があります。
転倒したり、どこかに体を打ち付けて打撲したり、事故などで背骨に強い衝撃を受けたり、また、高齢になって椎間板が変形してくると、椎間板の中のこの「髄核」が、線維輪を突き破って脊髄を圧迫します。
こうして、椎間板ヘルニアはひき起こされます。

ダックスフンドやウェルシュコーギーなどの犬種は、軟骨異栄養犬種といってこの椎間板が変性を起こしやすく特にこの病気にかかりやすいので、注意が必要です。
ビーグルなどは首の椎間板ヘルニアがよく起こります。

【症状】

症状のあらわれ方は、脊髄をどの程度圧迫しているかによって様々ですが、軽度の場合はまず痛みが出ます。圧迫が強くなるごとに、後肢のふらつき、歩行困難、排尿困難、麻痺などがあらわれます。もっとも重症な場合に、脊髄軟化症というものがあります。急激な髄核の突出によって大きなダメージを受けた脊髄が、進行性の壊死を起こし、症状が進むと呼吸困難などを引き起こし、命に関わる状態になります。

【治療】

軽い場合は、安静と炎症を抑える抗炎症剤やステロイド剤の内服で治療します。
重症になると、手術を行って圧迫している椎間板を取り除きます。
麻痺を起こすほどの重度の症状が出ているものは、手術の適応になるのですが、治療は早ければ早いほどよい結果が出ますので、様子を見ずにお早めに病院にお連れ下さい。

ページトップへ