子宮蓄膿症 of りょうま動物病院

子宮蓄膿症


パイオメトラ.jpg
子宮が細菌感染して炎症を起こし、子宮の中に膿がたまる病気です。放置しておくと死亡することもあります。妊娠、出産の経験のない犬がなりやすいので注意するようにしましょう。また、5~7歳以上になると発生しやすくなります。

【原因】

細菌が子宮に感染することによっておこります。犬が発情している間(約2週間)は、子宮の入り口である子宮頚管が開いているため、細菌が子宮内に侵入しやすくなります。
犬の場合、肛門や膣のまわりにはもともと雑菌がいるので、細菌感染しても免疫の作用で撃退できます。ところが、発情しているときはホルモンの作用で免疫力が落ちたり、細菌が感染しやすい状態になっているために、細菌が増殖して子宮内に膿がたまってしまいます。

【症状】

多くは発情期終了後2~3ヶ月以内に発症します。水をよく飲むようになって尿の量も増えます。
膿がたくさんたまってくると、お腹が膨れたり、触ると嫌がるようなそぶりをみせるようになります。
陰部から、膿や血の混ざった膿が出て、症状が進んでくると食欲がなくなったり、貧血や腎不全などを併発したりすることもあります。

【治療・予防】

子宮と卵巣の摘出手術を行います。
妊娠出産を希望する場合は、炎症を抑えるための抗炎症剤や抗生物質、ホルモン剤などの投与を行うこともありますが、再発することが多く、基本的には手術がおすすめです。
子どもを産む予定がないのであれば、避妊手術をしておけば病気の予防にもなります。

ページトップへ