ノミアレルギー性皮膚炎 of りょうま動物病院

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎.png


ノミアレルギー性皮膚炎の原因は、ノミの唾液の中に存在する抗原。身体の中で唾液に対するアレルギー反応を起こします。

ノミが犬の血を吸う時、ノミの唾液が犬の皮膚に入るため、唾液に含まれる「パプテン」というたんぱく質に対してアレルギー反応が起こり、皮膚炎になります。初めてノミに刺された時はただの虫刺されの状態で済むことも多いですが、その次からはアレルギー反応が引き起こされ、最初よりも強い痒みが現れてしまいます。

ノミが多く発生する夏期に多く、毎年繰り返し発症することも多いです。

【症状】

しっぽや腰背部、足のつけ根、後ろ足、腹部等色々な場所に現れますが、特にしっぽや腰背部に多く現れます。

始めは赤い発疹ができ、赤く腫れます。夜眠れなくなる程痒みが強く出ることもあります。痒くてひっかくことで、二次感染がおきたり、毛が抜けてしまいます。

【治療】

まず、フロントライン等のノミ駆除薬を使ってノミを駆除することです。
普段犬がいる場所の駆虫駆除も根気よく継続して行うことが大切です。
皮膚の炎症に対しては、痒み止めと抗生物質の飲み薬による治療がまず第一となります。

ページトップへ