創傷治療について of りょうま動物病院


神奈川県 藤沢市 本藤沢 善行 藤沢本町 動物病院 犬 猫 うさぎ ハムスター カメモルモット トカゲ ハリネズミ がん治療 創傷治療 エキゾチックペット診療 緊急

傷は消毒しない

感染とは何か?

傷が膿んでいたりしたら、誰しもが「バイ菌が入っちゃったんだな」と思い、そのバイ菌をなくすため「消毒」という行為をごく普通に考えると思います。このごく当たり前に思われる考え方が間違っていることを皆さんはご存知でしょうか?
傷が膿んでいたらそれは感染に間違いないのですが、ではなぜそのような状態になってしまったのでしょうか?皮膚には常在菌という正常の状態で皮膚にいる細菌がいます。皮膚に傷ができると、傷に近い菌からどんどん中に入ってきます。傷に細菌が入ったからすぐに「感染創」になるかというとそうではありません。「感染創」となるためには、細菌の増殖とともに炎症の4兆候:腫脹・発赤・疼痛・熱感が伴って初めて「感染」状態となります。傷が「感染」状態となるためには「異物」の存在が大きな役割を果たしています。「異物」とはかさぶた・壊死組織・縫合糸・ガーゼ・土などをいいますが、この「異物」があると傷は500~5000倍も「感染」状態になりやすくなります。つまり、「感染」を防ぐためには傷にいる細菌を殺すことよりも、「異物」を除去することの方が重要なのです。

なぜ消毒してはいけないか?

傷を消毒してはいけない理由は2つあります。まず1つは異物などを除去せずする消毒が無意味であることです。ほとんどの消毒剤は効果が数分から30分程度でなくなってしまいます。また、壊死組織などに接触することで多くの消毒剤は効果を失います。消毒剤の効果が消えた後は、傷の細菌の状態はすぐに元通りとなる。傷に細菌がいることで「感染」を起こす、それを防ぐために「消毒」をするというのならば、24時間常に消毒を続けなければならない。これは普通に考えてあり得ません。もう1つの理由は、消毒剤が組織障害性をということです。細菌を殺すために必要な濃度よりもずっと低い濃度の消毒剤で、傷を治すために必要な細胞を殺してしまうのです。傷を「消毒」することは無意味であるばかりか有害でもあります。

傷は乾燥させない

滲出液の働き

傷ができるとそこがジクジクしてくるのは誰しもが経験していることだと思います。そのジクジクの正体が「滲出液」ですが、この中には傷を治すために必要な様々な材料が入っています。そしてその「滲出液」を伝って上皮細胞が移動し傷が修復されていきます。しかし、ひとたび「滲出液」が乾燥して「かさぶた」となってしまうと、傷を治すための材料もなくなりますし、上皮細胞もかさぶたの下をゆっくりとしか移動できなくなります。また、上皮細胞自身も乾燥によって死滅する危険があります。つまり、乾燥環境下では傷の治りが遅くなるということがわかると思います。そして、「かさぶた」は「異物」として「感染」の温床となります。

モイストウンドヒーリングとは?

湿潤環境下での創傷治療

前述したように、傷が効率よく治るためには、創面の「異物」を除去し、「乾燥」を防ぐことが重要です。モイストウンドヒーリングとはつまり、傷を異物のない、湿潤の環境に保つことによって効率的に創傷の治癒を目指す治療となります。
実際の治療においては、創面の適切な洗浄により「異物」を定期的に除去し、適切なドレッシング材を使用して創面に滲出液を多く保持し湿潤の環境を保ち早期に治癒に導きます。
傷を毎日消毒したり、乾燥させたりして傷の治りを悪くしていませんか?
治らない傷でお困りの方はいつでもご相談ください。セカンドオピニオンも随時受け付けています。

治療例

褥瘡

左後肢の麻痺で、常に下についていて膝の外側に
褥瘡ができてしまった例
第一病日 (1).JPG初日の様子
第一病日 (2).JPG十分に洗浄し、適切な被覆材で創を覆う
創の大きさや創からの滲出液の量によって交換頻度は変わります
CIMG8225.JPG約30日後